横浜市泉区・戸塚区 ピアノ教室 | 細川ピアノ教室

Hosokawa Piano School

実績

実績

発表会開催
六本木シンフォニーサロン、日比谷スタインウェイサロン、山手ゲーテ座、藤沢リラホール、港南区民ホールひまわりの郷、栄区民文化センターリリス、旭区民文化センターサンハート、馬車道スタインウェイサロン他多数
セミナー開催
NLPコーチング講座講師、共感覚トレーニング、ピアノ五感レッスン認定コース、パーソナルコーチングコース
個人コーチング、カウンセリング実績
コーチ、コンサルタント、ピアノ教師他
レッスン事例掲載
  • 「意欲を引き出すマジックワード」
  • 「あなたの子育て力アップ」
  • 「おとなが育つ育自の本」~NLP事例活用集~(公人の友社)
  • 「コーチングピアノレッスン」青木理恵著(ヤマハミュージクメディア)
  • 「意欲を引き出すマジックワード」
  • 「あなたの子育て力アップ」
  • 「おとなが育つ育自の本」~NLP事例活用集~(公人の友社)
  • 「コーチングピアノレッスン」青木理恵著(ヤマハミュージクメディア)
出版・音源制作協力
  • 脳機能学者、苫米地英人博士の著書、クラシックを使った能力開発本
  • 「聴くだけ!クラシック音楽で脳が目覚める」(徳間書店)2010年
  • 「モーツァルトの奇跡!驚異の重ね聴き能力開発法」(宝島ムック)2011年
  • 「モーツァルト脳」(フォレスト出版)2013年
監修
  • モーツァルトの楽曲の重ねがけ集
  • ドクター苫米地CD&DVD3枚組「悟りへの道」(Club Tomabechi)2011年
商標登録
「ピアノ五感レッスン」2012年
雑誌インタビュー
「ムジカノーヴァ」(音楽之友社)500号特集「輝いている先生のヒミツ」2012年
電子書籍
「東大脳をつくる!ピアノで脳トレ」(パブックス)2013年期間限定出版
「東大脳をつくる!ピアノで脳トレ」(パブックス)2013年期間限定出版
メディア
  • 「覚悟の瞬間」(エンジン)動画出演
  • COMO(子供のスクール特集)
  • LEE(大人の習い事)

「聴くだけ!クラシック音楽で脳が目覚める」
苫米地英人著 徳間書店

  • 第1章 真の「クラシック音楽」とは?
  • 第2章 クラシック音楽は脳で聴け!
  • 第3章 脳に効く聴き方
  • 第4章 脳に効く演奏法
  • 附章 脳に効くクラシック音楽リスト

コラム「ピアノ教室での苫米地流トレーニング実践例」にて、当ピアノ教室が紹介されています。
耳からの能力開発として、クラシックを取り上げています。

全般的な監修とCD制作協力をさせて頂きました。
特に付属CDがおススメです!

    • 初級用  以下2曲をカップリング!
    • 1. バッハ「G線上のアリア」とモーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
    • 2. モーツァルト「2台のピアノのためのソナタ」とバッハ「ブランデンブルク協奏曲第5番
    • 3. モーツァルト「交響曲第40番」とバッハ「トッカータとフーガ」
    • 4. モーツァルト「交響曲第29番」とモーツァルト「ピアノ協奏曲第23番」
    • 中級用  以下2曲をカップリング!
    • 5.モーツァルト「交響曲第25番」とベートーヴェン「交響曲第5番」
    • 6.ベートーヴェン「交響曲第5番」とベートーヴェン「交響曲第9番」
    • 7.ベートーヴェン「交響曲第7番」とベートーヴェン「交響曲第5番」
    • 上級用  以下3曲をカップリング!
    • 8.ラフマニノフ「前奏曲嬰ト短調」とスクリャービン「練習曲嬰二短調」とショパン「練習曲嬰ト短調」
    • 9.ラヴェル「夜のガスパールより『水の精』」とラヴェル「鏡より『蛾』」とショパン「練習曲変ト長調『黒鍵』」
    • 10.モーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番」とモーツァアルト「交響曲第29番」とラヴェル「ソナチネ」

モーツァルトの奇跡!驚異の重ね聴き脳力開発法 宝島社
苫米地英人監修

Part1
「光のアーティスト」モーツァルトの世界
天才モーツァルトを知る7つのキーワード
Part2
  • モーツァルトの音楽の効用
  • ・モーツァルトを聴くとIQが上がる理由
  • ・IQが上がる聴き方トレーニング
  • ・IQ上げて能力アップ
Part3
CD収録曲 解説

モーツァルトは共感覚を持つ作曲家です。
共感覚とは、違った五感で認知する能力のことです。
つまり、色を音に感じたり、形に見えたり・・というように、 人間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中の ある 知覚が違う知覚を生じる現象のことです。
作曲家や芸術家には、この共感覚者が多く、ショパン、リスト、ラヴェルなども共感覚を持ちます。 リストが、オーケストラに向かって「そこはもっと紫で!」と言ったというエピソードも残っています。

この本では、その共感覚に焦点をあてながら、モーツァルトを脳の機能から解釈している 画期的な本です。CD制作(選曲、アレンジ)、解説の協力をしています。

悟りへの道  CD+DVD
販売  CLUB TOMABECHI

苫米地博士の瞑想用教材として、モーツァルトの重ね聴きの集大成です!
選曲では、抽象度が自然に上がっていくように、曲の内容も選曲しました。
複数の楽曲が1つに融合するように、特に力を入れました。
苫米地博士のダヴィンチ脳音源との重ねがけに成功しました。

  • CD  direction 細川莉夏
  • CD  editor 谷崎テトラ

芸大大学院作曲科のかたからのご感想

「この音源は本当に凄いです。
空観、仮観、中観と、なぜそれぞれのセクションでそれらの楽曲を選び重ねたのか、本当に良く分かりました。
聴きながら瞑想してるとあっと言う間にトランスして、楽曲が空や仮や中観を体感させてくれます。
ショパンやマーラーの後期の作品にも、どう考えても作曲者が空を体感して書いたとしか思えないような作品がいくつかあります。
偉大な芸術家は極限まで己の内面と対峙することで悟りの世界を垣間見たのでしょうか…
楽曲の重ね方も、まるで一つの作品であるかのような自然さで、毎回そのセンスに驚かされます。
モーツァルトが更に不思議なジャングルのような世界となって、その中に入ると様々な光や粒子の結晶のようなものが次々と現れて言葉では言い表せないような気分になります。」

pagetop